【月イチ文庫】8月「『罪と罰』を読まない」岸本佐知子 三浦しをん 吉田篤弘 吉田浩美

9月も下旬になってしまいました。いやー今年の夏は本当にしんどかったです・・・。涼しくなった途端に風邪も引いて、下書きしてたこの記事もずーっとほったらかしでした。 そんな中、8月は何とか一冊読みました。 「『罪と罰』を読まない」岸本佐知子 三浦し…

【月イチ文庫】6月『塩を食う女たち 聞書・北米の黒人女性』藤本和子

月イチ文庫、久しぶりになってしまいました。とうとう5月は無理でしたね。そして7月も無理だったことを先に書いときます・・・。 6月の一冊は、『塩を食う女たち 聞書・北米の黒人女性』藤本和子です。 岩波現代文庫で、この素っ気ないカバーデザイン・・・…

植本一子『家族最後の日』を読んだ

『かなわない』を読了したその日に図書館へ行って『家族最後の日』と『降伏の記録』を借りた。amazonで注文するのももどかしく(今月はお金を使う予定が結構あるしで)『家族最後の日』を読み始める。 またすごい勢いで読んで、今は『降伏の記録』を読んでい…

植本一子『かなわない』を読んだ

こないだ図書館で借りた植本一子さん『かなわない』 中々のボリュームの本なのだけれど、読み終えた。昨日ottoが急な飲み会で遅かったので、夜の時間を存分に使って読み進められた。 まずは、一子さん(親しみを込めて勝手に呼ばせていただく)の文体が好き…

【月イチ文庫】4月『こちらあみ子』今村夏子

4月の月イチ文庫は 『こちらあみ子』今村夏子 です。 書店でタイトルに惹かれて手に取りました。「あみ子」っていい名前だなと思って。 解説を町田康さんと穂村弘さんが書かれていて、購入を決めました。 その後、たまたま聴いたある番組のラジオクラウドで…

【月イチ文庫】3月『献灯使』多和田葉子

もう4月も下旬ですが、3月の月イチ文庫(書店の店頭で気になった文庫を買って読むシリーズ)。 最近、本を読むという習慣と本を買うという行為が復活したので、読みたい本が渋滞している(のでこの記事も遅くなった)。 今回選んだのは多和田葉子さんの『献…

『夫婦ってなんだ?』面倒くさいけど挑戦しがいのあるプロジェクト

トミヤマユキコさんの新刊『夫婦ってなんだ?』を読んだ。 色んなカタチの夫婦が出てくる。実在の夫婦、映画や漫画や小説の中の夫婦、ご自分のパートナーとのお話。夫婦を「メッタ斬る!!」と帯にあったけれど、あくまでポップに色んな夫婦が語られている。…

【月イチ文庫】2月『自由なサメと人間たちの夢』渡辺優

少し前のことになるけれど、最寄りの映画館に「ファーストマン」を観に行った。 チケットを買って、上映時間まで30分程あったので近くの本屋を覗く。 大森靖子さんの帯が気になった文庫本を買う。何でそのチョイスだったのか後で気づいたけど、向かいながら…

山ちゃんの本に胸を熱くする正月

帰省2日目。夕方から妹家族が来るということなので、昼間は街のセールを覗きにいった。 一応、目当てのブランドを見てはみるものの、人が多過ぎて購買意欲が出ない。少し人混みを離れて、お気に入りの雑貨屋に。最近割ってしまった醤油差し、小鉢、箸置き、…

今年は料理ノートを作ろうと思う

クリスマスに本屋で坂口恭平さんの『cook』を購入した。 とてもとても素敵な本で、私は早速真似をしたくなった。坂口恭平さんはご自身の躁鬱病と向き合い、治療のひとつとしての「料理」を提案されているのだけれど、それを読んで私も心打たれるものがあった…

『40歳までにオシャレになりたい!』でも、「何着りゃいいんだ」問題

この春からTBSラジオで始まったライムスター宇多丸さんの番組「アフター6ジャンクション」通称「アトロク」。 月曜から金曜の3時間帯番組なのに、内容が濃すぎて咀嚼するのに大変な時間を使ってしまい、他の趣味にかける暇がなくなるため「趣味殺し」の異名…